【まとめ】宅建試験合格後の流れと掛かる費用について

宅建
PR


宅建試験お疲れさまでした。


試験を受けられた方は既に学習されているかと思いますが、

宅建試験に合格しただけでは宅建士にはなれません。
あくまで「宅地建物取引士試験資格合格者」ということになります。


宅建試験合格から、「宅地建物取引士」と名乗れるようになるにはいくつか手順があります。
そして、お金もそこそこ掛かります・・・(´・д・`)


今回は、宅建試験合格後の流れと費用についてまとめたいと思います。




※まだ自己採点をされていない方は、こちらのサイトを参考にされて下さい。
各予備校の解答速報へのリンクと、合格予想点がまとめられています。
私も3年間、合格発表までこちらのサイトを見て毎日震えてました(((( ;゚Д゚))))笑


PR

合格から宅建士になれるまでの流れ



ざっくりですがこんな感じになります。

試験に合格してもまだ宅建士になれないなんて(´;ω;`)ウッ…ですよね汗


・実務経験2年
・試験合格から1年以内
上記に該当する方は合格後すぐに登録申請→取引士証更申請と進んでいけますが、

 
・実務経験2年以内
・試験合格から1年超
上記に該当する方は、

 
・登録実務講習(実務経験2年以内の方)
・法定講習(試験合格から1年超の方)
を受講しなければならないということですね。
 

試験合格から宅地建物取引士証を受取るまでの期間



私は、”実務経験2年以内→試験合格から1年以内”という状況で
取引士証の交付申請をしました。


なので”登録実務講習の受講”→”登録申請”→”取引士証交付申請”という流れでした。
完璧に最短で手順を踏んだわけではありませんが、
そこそこ早く手続きを済ませ、実際に取引士証を手にしたのは3月です。


まず、合格発表は12月でしたが、合格が確定してからの登録実務講習申込したことと
繁忙期の年末ということもあり翌年1月の受講にしました。
(合格が確実な方は合格発表前に受講申込された方が早いです!)


なので合格から登録実務講習受講まで数週間掛かりました。
登録実務講習受講後、修了証が届くまでも少し時間が掛かりました。
10日~2週間程だったと思います。
(数は少ないですが、修了証即日発行の講習もあるのでお急ぎの方はそちらを受講されて下さいね)


そして受験した都道府県知事に宅地建物取引士登録申請をしてから、
登録決定の通知(ハガキ)が届くまで30日前後掛かります。


実務経験2年以上・試験合格から1年以内という方でも、
合格後すぐに手続きしても取引士証を受け取るまでは1ヶ月程掛かるということですね。


実務経験2年ない私で4ヶ月程掛かったので、
試験合格から1年超の方はさらに時間が掛かります。
(数日程度ですが・・・)


これから就職や転職で宅建士を目指そうという方は、
これだけ時間が掛かるということを計画しておいてくださいね。

登録実務講習

法定講習(東京都の方)

取引士証交付申請

※基本即日発行

受験から宅地建物取引士証交付までに掛かる費用

2019.10現在


・受験費       7,000円
・登録申請費     37,000円
・取引士証交付申請費 4,500円 

こちらは受験~試験合格~取引士証申請まで必ず掛かる費用なので、
最低でも48,500円は必要ということになります。


なかなかのお値段ですね(;・∀・)


既に合格されている方は受験費はもうお支払いされてると思いますので、
残りの41,500円のご用意と心の準備が必要ですね!


実務経験2年内の方はプラス1万円~2万円掛かります。


試験合格と共にお金の準備をしておきましょう!


また、証明写真も都度必要になります。
取引士証は写真屋さんで・・・という方も、その他残らない写真はコンビニでお安く済ませましょう!

🔽あわせて読みたい

最後に...


宅地建物取引士は国家資格なのでお金も時間も掛かります。

ですが、合格証が届いたり、取引士証を手にしたりと自分の努力が報われた瞬間はとても嬉しいものです。


学習費用を入れたら10万円超え...なんて方も沢山いらっしゃると思います。

ですが、宅地建物取引士資格試験合格は一生モノです。
合格したことは一生なくなりません。


宅地建物取引士は各事務所に5人に1人の割合で雇わなければならないと宅建業法で定められています。
なので宅建業法が変わらない限り、仕事には困らないと思います(*´ω`*)


まだ受験しようか悩んでる・・・
という方は、是非自己投資と思ってチャレンジしてみては如何でしょうか♪

私は合格までに3年掛かりましたが、挑戦してよかったと心から思っています!



最後までお読み頂き有難うございました(*'ω'*)


あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました